WEBコンサル

Googleマップにお店を表示!超簡単なGoogleマイビジネスの登録方法

マイプレイス登録WEBコンサル

Googleでお店を探すために、「居酒屋 新宿」と検索した結果が以下の画像です。

マイビジネスローカル検索と自然検索

ウェブサイトの自然検索結果よりも上に、Googleマップと一緒にローカル検索の結果が出てきます。

また、2014年のGoogleによる調査では、お店に行く際にモバイルユーザーの50%は、事前にローカル検索でお店を確認しているという数字も出ています。

この調査は2014年の情報ですから、さらにモバイル化が進んだ現在では、ローカル検索で表示されなければ存在していないも同然と言っても過言ではないでしょう。

今回は、Googleマップやローカル検索にお店を表示させるために必要な、Googleマイビジネスの登録方法と、ローカル検索で上位表示させるために必須の情報登録についてご説明します。

Googleマイビジネスの登録方法(5行程)

Googleマイビジネスに登録する5つの工程をご説明します。

ローカル検索の上位表示に大切なポイントも補足していきます。

それでは、まず最初に、Googleマイビジネスにアクセスしてください。

マイプレイス登録手順01

1. ビジネス名の入力

Googleにビジネス情報を追加をクリックします。

マイプレイス登録手順02

ビジネス名に、お店の名前を入力してから、次へをクリックします。

ポイント

お店の名前は、他の媒体(ホームページやSNSなど)に登録してあるものと完全に同じにしてください。

そうすることで、検索エンジンは同じお店だと認識して、ローカル検索の順位アップにつながります。

例えば、SNSで「〇〇というお店が美味しかった」と投稿してもらった場合、マイビジネスとお店の名前が完全一致しなければ、同じ店のことだと思われず、マイビジネス上の評価が上がらない可能性があります。

マイプレイス登録手順03

ビジネスのカテゴリを指定

ビジネスのカテゴリを指定します。

ビジネスカテゴリに、キーワードを入力すると候補が表示されますので、その中から選択してください。

選んだら、次へをクリックします。

マイプレイス登録手順04

実店舗の住所入力

お店の住所を入力していきます。

最初に、実際にお客さんが訪れるような店舗(居酒屋、お花屋など)の場合は、”はい”をクリックし、直接お客さんが訪れないようなオフィスの場合は、”いいえ”をクリックしてください。

選んだら、次へをクリックします。

マイプレイス登録手順05

実際にお客さんが訪れる店舗で”はい”を選択した場合、住所の入力ページに移ります。

ポイント

住所は、他の媒体(ホームページやSNSなど)に登録してあるものと完全に同じにしてください。

ビジネス名と同様に、ローカル検索の順位アップが目的です。

お店の住所を入力して、次へをクリックしてください。

マイプレイス登録手順06

拠点以外でのサービス展開

出張型のサービスや、デリバリー業者のように配達をする場合、”はい”をクリックしてください。店舗のみでの営業の場合は、”いいえ”を選んでください。

選んだら、次へをクリックします。

マイプレイス登録手順07

ビジネス拠点以外の地域でもサービスを提供している場合は、サービスの提供地域の追加を行います。

地域を入力し、候補として出てきたものを選択してください。
複数入力することもできます。

追加したら、次へをクリックしてください。

マイプレイス登録手順08

電話番号やウェブサイトの入力

お店の電話番号やウェブサイトを入力します。

ポイント

電話番号も、他の媒体(ホームページやSNSなど)に登録してあるものと完全に同じにしてください。

ビジネス名や住所と同様に、こちらも、ローカル検索の順位アップが目的になります。

ポイント

ホームページのURLを載せていないお店が多いですが、必ず載せるようにしてください。

飲食店であっても、お店の情報を得るためにホームページに訪れるお客さんは多くいます。

ここにホームページのURLが載っていないことで、他の店を選んでしまう可能性もあります。

手間をかけずに欲しい情報に繋いであげることは、集客にとても重要な要素になります。

マイプレイス登録手順09

最新情報の入手が欲しい方は、”はい”を選んで、次へをクリックします。

マイプレイス登録手順10

終了ボタンをクリックすれば、登録完了です。

お疲れ様でした。

マイプレイス登録手順11

店舗情報の登録(8項目)

Googleマイビジネスに登録すれば終わりではありません。

ローカル検索で上位に表示され、お客さんに選んでもらうためには、お店の情報をさらに載せることが非常に重要です。

全部で8項目ありますが、頑張って1つずつ対応していきましょう。

Googleマイビジネスの”情報”をクリックしてください。

マイプレイス登録手順12

登録できる各項目が右画面に出てきます。編集する時は鉛筆マークをクリックしていきます。

マイプレイス登録手順13

営業時間と定休日の追加

お客さんにとっては、一番と言っても良いくらい重要な情報です。

営業時間と定休日を曜日単位で入力していきます。

お昼の営業と、夜の営業など分かれている場合は、お昼の営業時間を入力したあと、その右横にある、”営業時間の追加”ボタンを押して、夜の営業時間を入力してください。

臨時休業などは次の項目で設定します。

マイプレイス登録手順14

特別営業時間の追加

不定期の休みや、営業時間の変更がある場合は、忘れずに追加してください。

せっかく来店したのに、お休みだったとなれば、お客さんは非常に残念な思いになるでしょう。

予約リンクの追加

オンライン予約を行っている場合は、必ず追加してください。

お客さんは予約しようかなと思っても、ホームページを探して、予約ページを探してとやっているうちに、面倒だから他のお店にしようとなってしまいます。

マイビジネスを見たお客さんを逃さずに捕まえましょう

商品の追加

商品を写真付きで紹介できます。

ターゲットとなるお客さんが、検索しそうな言葉を意識して入力してください。

マイプレイス登録手順15

サービスとサービスオプション

サービス内容を登録できます。

こちらも検索ワードを意識して入力しましょう。

また、サービスオプションとして設定することができます。

表示されている属性や特徴から一致するものがあれば、もれなく追加してください。

マイプレイス登録手順16

ビジネス情報

ビジネスの紹介を750文字で入力することができます。

お客さんが読んだ時に、魅力的に思ってもらえるように書くのはもちろんですが、

こちらも検索ワードを意識した言葉を使って、文章を入力すると良いでしょう。

開業日

開業しているかをGoogleに伝えるためにも、必ず入力してください。

また、開業準備中の方は、1年以内の未来日を設定できます。

写真の追加

写真や動画は、お客さんに魅力を伝える、最大の項目だと思います。
検索結果に表示される写真にもなります。

言葉ではなかなか伝わらないものでも、写真や動画なら一発です。

できるだけ魅力的に見える写真を選んで、追加してください。

小売ではないサービス業の場合は、スタッフの写真が信頼感を伝える重要な要素になります。

また、店内の360度画像は、お客さんに安心感を伝えることができますので、非常に効果的です。

マイプレイス登録手順17

まとめ

Googleマップにお店を載せるためには、Googleマイビジネスに登録しましょう。

お店の情報を十分に登録することで、ローカル検索の上位に表示されやすくなります。

お店の情報登録する際には、お店の名前、住所、電話番号の3つは、他の媒体に載せているものと完全一致させて、各媒体のパワーを集約できるようにしましょう。

スマホでインターネットを使うのが当たり前の時代ですので、今後もローカル検索の重要性はさらに増してくると思います。

Googleマップに表示されないお店は、存在しないも同然となりかねませんので、実店舗がある方は必ず登録すべきだと思います。

ネットでの集客にお困りの方は、お気軽にチョッカまでお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました