ネットショップ

BASEとSTORESを徹底的に比較!(実際に出店したから分かる)

BASEとSTORES比較ネットショップ

こんにちは、チョッカです。

BASESTORESも基本料金は無料だけれども、手数料はどちらがお得なのか、どちらにお店を出した方が集客できるのか気になりますよね。

そんな疑問を解決するため、両方にお店を出している私が、費用や集客力を中心に、様々な角度から徹底比較をしてみました。

最後に注意点も記載しています。

長期的に考えれば、BASEの方がオススメ

いきなり結論ですが、

無料プランでしたら、私はBASEをオススメします。

BASEは、独自ドメインが無料でつけられるからです。

とはいえ、長く続けていくためには使い勝手も重要ですし、

STORESはとにかく簡単にお店を作れたり、有料プランのメリットもありますので、

両方とも使ってみて、どちらが自分に向いているのか知るのも良いと思います。

それでは、あらゆる面から比較をしていきましょう。

BASEとは

BASEサイト
BASEより引用

ネットショップ開設実績3年連続No.1を誇り、
既に開設したショップは、90万を突破しています。
※マクロミル調べ(2020年2月)

BASEでは、「たった30秒で自分のオリジナルショップを開設可能」と謳っている通り、
シンプルなショップであれば非常に簡単に作ることができますし、
ちょっとだけこだわりたい人は、多少の知識があればカスタマイズ可能です。

基本料金は無料。商品が売れない限りは1円もかかりません。

また、600万人が利用する独自のショッピングモールアプリ「BASE」にも自動で出店されるので、このアプリ「BASE」からショップへのアクセスがあるのも強みです。

私が運営している”カクモン文具”でも、実際にこのモールからお客さんも来ています。

STORESとは

STORESサイト
STORESより引用

毎月10,000店舗がオープンしている、伸びているサービスです。

専門的な知識は不要で、とにかく簡単にショップを作ることができます。
とにかく簡単なのが強みですが、その分できることも少なく、人によっては物足りなく感じるでしょう。この点は今後どうなっていくか気になるところです。

基本料金が無料のフリープランであれば、商品が売れない限りは1円もかかりません。

手数料など料金体系がシンプルなのは強みです。

プランがフリープラン0円/月と、スタンダードプラン1,980円/月の2つあり、サービス内容や手数料率が異なります。

無料プランの比較

“決済手数料” の比較(BASEの”サービス利用料”に注意)

    BASE    STORES
決済手数料3.6% + 40円5%
※ スタンダードプランなら3.6%
サービス利用料3%0円
いずれも送料を含むひとつの注文にかかる費用です。

例えば、1万円(送料含め)の注文が入った場合

BASE    STORES    
決済手数料10,000 x 3.6% + 40 = 400円10,000 x 3.0% = 300円
サービス利用料10,000 x 3.0% = 300円0円
手数料合計700円300円
入金額9,300円9,700円

決済にかかる手数料では、STORESがお得です。

“入金サイクル” と ”振込手数料” の比較

手数料はほぼ同じだが、STORESの方が都合が良い

入金サイクルはBASEの方が短期間!
BASEは申請後、土日祝を除き10日後に入金されます。
STORESは当月末締めの、翌月末払いとなります。

BASESTORES
振込手数料250円275円
事務手数料入金額が2万円未満:500円
入金額が2万円以上: 0円
入金額が1万円未満:275円
入金額が1万円以上: 0円

BASEもSTORESも翌日入金のサービスあり

BASEは「お急ぎ振込」

午前10時までに申請すれば、翌営業日に振り込まれます。
売上金が、762円以上残っていることが条件となります。
手数料は、振込申請額の1.5%が発生します。

STORESは、「スピードキャッシュ」

振込の申請をした、翌営業日に振り込まれます。
STORESを最低2ヶ月前後使っていて、

売上金が10,000円以上残っていることが条件となります。
手数料は、振込申請額の3.5%が発生します。
※ スタンダードプランなら、1.5%になります。

“独自ドメイン” ならBASE

STORESの無料プランでは、独自ドメインにすることはできないので、
ドメインについては、BASEの方が良いです。

ドメインとは、
例えば、チョッカが運営しているカクモン文具の場合、
BASEのURLは、https://kakumon.net ですが、
kakumon.net” の部分がドメインになります。
こちらは自分で取得した独自ドメインです。

一方、STORESのURLは、https://kakumon.stores.jp ですが、
stores.jp” の部分がドメインとなり、STORESのものになります。

私は独自ドメインを使える方をオススメします!!

理由としては、WEBへの集客力はドメインに溜まっていくため、
将来的にBASEから他のサービスにお店を移す場合でも、
ドメインを変えなければ、これまでの集客パワーも持っていくことができます。
つまり、集客力を資産化できるのです。

これが独自ドメインではなかった場合、
他のサービスにお店を移すと、集客パワーもゼロから再スタートとなります。
これでは、これまでの努力が無駄になってしまいます。

独自ドメインを取得する費用は、年に1,000円程度なので、
集客パワーの維持費だと思えば、安いものです。

どちらかにしかない“拡張機能”

BASEにしかない拡張機能

アクセス解析訪問者数など管理画面から見ることができます。
ショップコイン1コイン1円としてお客様が使うことができるポイントです。
商品説明カスタム商品紹介に、動画やスライドショーを使うことができます。
freeeやマネーフォワードとの連動会計サービスと連動することで、経理が楽になります。

STORESにしかない拡張機能

まとめ販売割引どの商品を組み合わせて購入すると割引など独自に設定できます。
ニュース臨時休業日などを通知することができます。
再入荷のお知らせ売り切れの商品には、再入荷の連絡ボタンが表示され、希望者には再入荷時にお知らせがいくようになります。
FAQお店のよくある質問を自分で作成することができます。

BASEもSTORESも、無料プランでは出来ないこと

BASEやSTORESのブランドロゴを消すことは、無料ではできません。

BASEでは、500円/月でBASEのロゴを非表示にできます。

BASEロゴ

STORESでは、スタンダードプラン(1,980円/月)にすることで、STORESのロゴを非表示にできます。

STORESロゴ

こだわりのある方は、追加費用を払っても消した方が、
自分の店という感じがするかもしれませんが、
ロゴを消したことで集客があがったり、買うのをやめてしまうことはないので、
私は追加費用を払ってまで消す必要はないと思います。

開店前も開店後も、困ったときの情報はどちらも充実!

BASEには、”BASE U” というウェブマガジン、
STORESには、”STORES Magazine” というウェブマガジンがあり、

記事の量としては、

BASESTORES
234記事115記事
2020年5月11日調べ

いずれも、お店を開く準備段階から、売り上げを上げる方法まで、
内容も具体的に書いてあります

BASEの方が記事が多いですが、STORESが決して不足しているわけではありません。

困ったら時には大きな助けとなるでしょう。

まとめ

BASEがオススメですが、すぐに効果を出したいならSTORESもあり

BASEもSTORESもそれぞれ強みがありますが、

長い目で自分のお店の集客力を持ちたいなら、BASEがオススメです。

一方、STORESはすぐに集客をしたい人におすすめです

独自ドメインを使えない分、STORESのネット集客パワーを利用できます。

実際に両方に出店した結果では、

独自ドメインを使ったBASEのお店は、
検索結果の1ページ目に出てくるまでに、1ヶ月かかったのに対し、

独自ドメインを使わないSTORESのお店は、
開店後1週間後くらいには検索結果の1ページ目に出てきました!!
(これはすごい事です)

ツールを使ってサイトのパワーを見たところ、STORESはドメインパワーも、ページパワーも非常に高い!

ただ、自分が使っていて、苦にならないのが一番です。

どちらが自分にとって使いやすいか、ストレスがないかを実際に使ってみて、確認してみるのも良いと思います。

使ってみて、STORESの方が良いという場合は、有料プランにすれば独自ドメインを持てるので、STORESの集客力ではなく、自分のお店の集客力を持つことが可能です。

もし、両方にお店を出す場合、注意点もあります。

両方に出店したときの2つの注意点

在庫数の調整が必要

BASEもSTORESも購入されると自動で在庫数が減っていきます
ただし、BASEで売れてもSTORESの在庫は変わりません。
もちろんSTORESで売れた場合も同じです。
在庫がある商品を販売する場合は、手動で在庫数を変更してあげましょう。

SNSで設定できるのは1つのお店

インスタグラムなどSNSを集客ツールとして使う場合、
SNSに設定できるお店のURLは、デフォルト機能では1つだけになります。
どちらかより注力して売りたい方のお店をSNSには設定してください。
BASEもSTORESも、インスタグラムから直接販売ページに繋げることができますので、どちらを主力にしても良いです。

BASE用とSTORES用といった形で、SNSアカウントを複数持てば良いのかなと思った方もいるかもしれませんが、
お客様が分散してしまうので、オススメしません。
SNSのアカウントも1つのブランドとして成長させていくことで、
お店へのアクセスも増えていきますし、何より運用が楽になります。

まずはお店を作ってみましょう

BASEもSTORESも無料なので、実際にやってみるのが一番だと思います。

少し時間がかかるかもしれませんが、費用としてのリスクはありません。

もしサポートが必要な場合は、チョッカでも承っておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました